総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

四柱推命 | 九星気学

九星気学とは



九星気学は古代中国から伝わる占術で、世界で最も歴史のある統計学とも言われています。
生まれた年月日から分かる九星と干支、さらに木・火・土・金・水からなる五行を組み合わせたものを指します。
方位による吉凶を知るために使われることが多いと言われています。
日本でも古くからある九星気学ですが、国によって占い方などが少し異なるとされています。
現在ではインターネットで誰でも手軽に九星気学を占うことができます。

九星気学の気学とは私達の目には見えない「気」を指しますが、大気として宇宙に存在していると考えられています。
そして私達がその大気を吸う事によって、運命に大きく影響を与えるのです。
「気」は大きなエネルギーを持っており、一定のリズムによって回っています。
自分が生まれた時にどのエネルギーを吸い込んだかを占いの素になります。

さらに九星は一白・二黒・三碧・四録・五黄・六白・七赤・八白・九紫からなっています。
この九星に五行をつけて、九星気学の完成です。

唯一二無の積極的開運法であると言われている九星気学。
転居や旅行・デートなど、日常生活での出来事に応用することができるとされています。
九星気学を利用することで今までツキに恵まれなかった人も、自分の運勢を自ら積極的に好転させることができるのです。
つまり自分の方位を知ることで、これからの運命を予測し、悪い運命を避けるのです。
さらには自ら幸運な運命を手に入れるというものです。




posted by 四柱推命 九星気学 記録の細道 at 15:35 | Comment(0) | 九星気学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
世界中から集めた天然席石を低価格でご提供します!

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。