総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

四柱推命 | 九星気学

凶方位

九星気学の中でも大切になってくるのは方位とされています。
主な方位の種類として吉方位と凶方位があります。
もちろん、吉方位の方が運勢は好転するのです。

吉方位を知ることも大切ですが、凶方位を知ることも九星気学では大切になってきます。
基本的に吉方位よりも凶方位の方が種類がたくさんあります。
そのため、何も知らずに旅行や引越しなどをしてしまうと凶方位に移動してしまう可能性が高くなります。

凶方位は九星や十二支を組み合わせて解明されたもので凶殺方位と呼ばれることもあります。
この方位に移動したら、必ず凶禍があるとも言われているのです。
凶殺方位には七種類あり、まとめて七大凶殺方位と呼ばれています。

七大凶殺方位には暗剣殺・五黄殺・歳破・土用殺・小児殺・本命殺・本命的殺があります。
暗剣殺・五黄殺・歳破・土用殺は誰にでも該当する方位でもあります。
物事が上手くいかなかったり、停滞したり、崩壊したりと、何をやってもなかなか上手くいきません。
小児殺は12歳以下の子供にのみ当てはまり、病気や事故に会いやすい方位になります。
本命殺や本命的殺は方位に当てはまる人のみで、自ら凶禍を招くことがあります。

この中でも暗剣殺と五黄殺は、繰り返しその方位への移動をすると、自分の命に関わるほどの悪い影響を受けてしまいます。
この二つの方位への移動は注意が必要になります。
その他の方位も、人生を悪い方向へ導いてしまう可能性が高くなるので、注意しましょう。
凶方位の把握はきちんとしておくことをお勧めします。

posted by 四柱推命 九星気学 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 九星気学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
世界中から集めた天然席石を低価格でご提供します!

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。