総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

四柱推命 | 九星気学

方位取り

九星気学の中では方位が大切になってきます。
自分が旅行や引越しをする際に、吉方位は大きな判断材料になります。
吉方位への方角移動は九星気学ではとても大切な存在なのです。

自分にとっての吉方位へ移動することを方位取りや祐気取りといいます。
方位取りは転居や移住といった自分の拠点の移動を指します。
そして祐気取りは短期的な移動である旅行や出張を指します。
九星気学は様々な流派があるため、方位取りと祐気取りを同じ存在として考える所も少なくありません。

実際に方位取りで大切になるのは移動先の気を取り入れるということです。
吉方位へ旅行に行くよりもそこに移住する方が効果が得られやすくなると言われています。
人間が気のエネルギーを一番吸収するのは寝ている時になります。
寝ている時はリラックスしているため、気を吸収しやすい状態になります。
毎日吉方位の場所で寝ることにより、気が安定してきます。
旅行での気を吸収することもできますが、安定させるためには60日間は必要とされています。
そして大きな効果を期待するのであればこの期間は外泊もせず自分の住居で寝ることが大切になります。
外泊すれば効果は薄れてしまいます。

その場所にいるかぎり、効果は続きます。逆に凶方位に方位取りをしてしまえば、悪い効果が続くということはいうまでもありません。
また方位取りの位置が遠ければ遠いほど効果が大きくなると言われています。
もちろん小さな移動でも効果は得ることができます。

posted by 四柱推命 九星気学 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 九星気学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
世界中から集めた天然席石を低価格でご提供します!

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。