総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

四柱推命 | 九星気学

運命と宿命

九星気学の占いでは方位が大切にされ、方位によって運勢がよくなるとも言われています。
九星気学の中では運勢と運命は同じものとして扱われています。
そのため、九星気学のことを方位運命学ともいうのです。

宿命とは前世からくるものであったり、体の特徴であったり、親子のことであったりと生まれた瞬間に与えられた変えようのないものを指します。
これに対して運命は生まれた後の環境により変化し続けるものを指しています。
つまり運命はこれからも変えていくことができるのです。
九星気学で、占うだけであれば運命は変えることができません。
占った後に自分で行動をしていかなければならないのです。
人間は自分らしく生きていくために、まずは宿命を受け入れ、努力して運命をより良い方向に変化させていくことが大切になります。

九星気学で言われる方位はとても大切と言われています。
もちろん吉方位と呼ばれる方向に旅行や引越で移動して、そこの気を体内に取り入れることは大切です。
しかしそれだけでは運命を変えることはできません。
自分が変えたいと思っている面での努力が必要になります。
仕事であれば今まで以上の努力をしながら、さらに吉方位の気を取り入れることで、運命がいい方向に進むのです。
すぐには大きな変化はなくても必ず変化があるといわれるのが九星気学です。
ただ吉方位に行くだけでは、自分が思っているほどの効果は得ることができないと思っておいた方がいいでしょう。



posted by 四柱推命 九星気学 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | 九星気学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
世界中から集めた天然席石を低価格でご提供します!

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。